SCIENCE PARK

ドライバ開発支援ツール WinDriver

ユーザーモードでデバイスに直接アクセス可能なプログラムを簡単作成

WinDriver (ウィン ドライバー) は、ユーザー モードでデバイス ドライバを開発できる、高品質、高性能なドライバ開発支援ツールです。
WinDriver を使用すれば、DDK の知識やカーネル レベルでの開発は必要なく、周辺機器へ直接アクセス可能なプログラムが開発可能です。
WinDriver は、Windows 2000/XP/XP Embedded/Server 2003/Server 2008/Vista、Windows CE.NET、Windows Mobile 5/6、Linux、Solaris および VxWorks に対応し、USB、PCI、PCI Express、CardBus、CompactPCI、ISA、PMC、PCI-X、PCI-104 および PCMCIA を利用するアプリケーションの開発が可能です。

WinDriverを利用した「クイックスタートアップ サービス」(有料の技術サポートサービス)がございます。
その他、周辺機器の様々なドライバ開発承ります。お問い合わせはデバイスドライバ検証サービスお問い合わせまでご連絡ください。

機能について

下記の一覧から、目的に合った WinDriver ツールキットをお選びください。

バス 製品 OS CPU
PCI, CardBus,
CompactPCI, ISA, PMC,
PCI-X and PCMCIA
WinDriver Windows Windows 2000, XP, XP Embedded,
Server 2003, Server 2008, Vista, 7
x86, x64
WinDriver CE Windows CE 4.x- 6.0 (.NET),
Windows Mobile 5.0/6.0
x86, MIPS, ARM
WinDriver Linux Linux 2.2.x - 2.6.x x86 (32 bit),
x86_64,
PowerPC
(32 bit & 64 bit)
WinDriver Solaris Solaris 8, 9, 10, OpenSolaris x86, Sparc
DriverBuilder VxWorks 5.4 x86, PPC
USB 2.0, 1.1 WinDriver USB Windows Windows 2000, XP, XP Embedded,
Server 2003, Server 2008, Vista
x86, x64
WinDriver USB
Windows CE.NET
Windows CE 4.x- 6.0 (.NET),
Windows Mobile 5.0/6.0
x86, MIPS, ARM
WinDriver USB Linux Linux 2.4.x - 2.6.x x86 (32 bit),
x86_64

WinDriverは以下の特徴があります。

ハードウェア アクセス コードを1行も記述せずに、グラフィカルなユーザーモードアプリケーションでハードウェアの診断を行います。
コードの生成 WinDriver は、ハードウェアの仕様に合わせて、雛型となるドライバコードを生成します。
グラフィカル ツール DriverWizard (直感的で強力なグラフィカル開発環境)で、ハードウェアのアクセスおよびドライバの生成を簡単に行います。
ユーザーモード
プログラミング
WinDriverのアーキテクチャは、カーネルモードのパフォーマンスを持ちつつ、ユーザーモードでドライバ開発を行います。
サンプル ドライバ開発の最初のステップとして使用できる多くのサンプルを用意しています。
特に、PLX、Altera、Cypress、Microchip、Philips、Silicon Laboratories、QuickLogic、STMicroelectronics、Texas Instruments、Xilinx、AMCC および Agere など、さまざまな PCI/USB チップベンダー用のサンプルを用意してます。
デバッグ カーネルレベルの処理をモニタするグラフィカルな Debug Monitor があります。
マルチOSの対応 WinDriver は、Windows 2000 / XP / XP Embedded / Server 2003 / Server 2008 / Vista、Windows CE / Windows Mobile、Linux、 Solaris および Vx Works に対応しています。
互換性 コードの修正なしで、同じドライバが上記の対応OS間で動作します。
パフォーマンスの最適化 WinDriver の Kernel PlugIn 機能を使用して、ユーザーモードでドライバを開発し、パフォーマンスの重要な部分をカーネルモード (Ring 0) に移行し、パフォーマンスの最適化を図ります。
64ビット対応 64ビット ハードウェアが提供している広帯域を使用して、32ビット オペレーティングシステムが起動する x86 プラットフォームで64ビットデータ転送が可能です。
WinDriver で開発したドライバは、64ビットに対応していない DDK またはその他のドライバ開発ツールキットで開発したドライバに比べて遥かに高いパフォーマンスを持っています。
FPGA アクセス PCI バスで FPGA チップにアクセス、コントロールおよびプログラムを行います。Altera および Xilinx を含む FPGA ベンダに対して拡張対応してます。
WHQL 認定ドライバ マイクロソフト社の WHQL テストに申請し、Windows ドライバのデジタル署名を取得することができます。
.NET Frameworkのサポート 強力な managed オブジェクト指向 C# ライブラリを使用して、WinDriver の C# またはVB.NET のコードを 簡単に既存の .NET アプリケーションに組み込むことができます。

評価版について

30日間無料にて体験できる評価版CDを用意しております。
sales@sciencepark.co.jp(WinDriver担当営業窓口)までお問い合わせください。

価格

WinDriver

WinDriverライセンスについて
WinDriver を使用してドライバを開発する開発者はライセンスが必要です。
WinDriver は、"インストールするマシン"と"開発者"に対してライセンスされます。
ライセンス一覧
以下の 3 種類のライセンスを提供します: ・Node Lock - 特定の 1名の開発者/1台の開発マシン用のシングルユーザー ライセンス ・Duo - 開発者 2人分/開発マシン 2台分の Node Locked ライセンス ・3-Pack - 開発者 3人分/開発マシン 3台分の Node Locked ライセンス
サポート サブスクリプション プラン (SSP) について
SSP を購入すると、 常に最新バージョンの WinDriver を入手でき、技術サポートを受けられます (技術サポートは SSP 購入者のみ)。WinDriver 製品といっしょに購入されることをお勧めします。

※価格については、sales@sciencepark.co.jp(WinDriver担当営業窓口)までお問い合わせください。
※記載の会社名や製品名などはそれぞれ各社の商標または登録商標です。

page up