SCIENCE PARK

4thEyeとは

デバイスへの持ち出しを完全禁止

4thEye Professionalの主な機能

デバイス制御機能

USBメモリ、スマートフォン等の各種デバイスの利用を制限し、PCから各種デバイスへの情報を漏えい禁止します。

デバイス制御機能

※ファイルの読み込み禁止も設定可能です。
読み込み禁止設定をすると、FD、USBメモリー、CD/DVD/DVDなどに保存されているファイルの閲覧、実行、コピーなどを禁止します。

印刷機能

印刷を制御することで、情報漏えい事故の件数としてもっとも多い、紙媒体による情報漏えいを禁止します。
USB、ネットワーク、パラレル等の各種インターフェースを持つプリンタに対応しています。

印刷機能

Wifi制御機能

個人が所持しているスマートフォンのテザリング機能や、Wifiルーター経由を使って、社内PCを無許可でインターネットに接続することを禁止します。

Wifi制御機能

ログ取得

クライアントPCのファイルアクセスを監視し、ログを取得します。
※複数クライアントのログを一括管理する場合は、ログサーバーが別途必要です。

ログ取得

マスターキーによる一時許可

PCのUSBポートにマスターキー(オプション)を接続している間だけ、一時的にUSBメモリへのファイルの持ち出し、印刷が可能となります。

マスターキーによる一時許可

機能一覧

【デバイス制御】
・持ち出し制御
PCから各種デバイスへのファイルの持ち出しを禁止する機能です。
・読み込み制御
各種デバイスの読み込みを禁止する機能です。
・ホワイトリスト機能
登録したUSBメモリのみ、例外的にファイルの持ち出しを許可する機能です。
【印刷制御】
・印刷制御
USB、ネットワーク、パラレル等の各種インターフェースを持つプリンタへの印刷を禁止する機能です。
【Wifi制御】
・Wifi接続を禁止する機能です。(指定のSSIDのみ接続を許可することが可能です)
【ログ】
・ログ取得
ファイルアクセスログを取得する機能です。
いつ、だれが、どのファイルにアクセスをしたか記録、閲覧することが可能です。
【その他】
・マスターキー
PCのUSBポートにマスターキー(オプション)を接続している間だけ、一時的にUSBメモリへのファイルの持ち出し、印刷が可能となります。
・禁止操作メッセージ
4thEye で禁止している操作をユーザーが試みた場合、デスクトップ画面に警告メッセージを表示します。
page up