SCIENCE PARK

標的型攻撃対策

重要データの保護が先決です! 重要データの保護が先決です!

標的型メール、ランサムウェア、攻撃者の侵入は避けられない。
新型のウィルス対策サービスも出てきているけど、いたちごっこだし、価格も…

侵入されるのは防ぎきれない。

侵入されることを前提に対策を行う必要があります。入口対策や事故後のインシデント対応も重要ですが、
まずはデータの安全を確保することが先決ではないでしょうか。
大切なのは、マルウェアに重要ファイルへアクセスさせないこと、万が一アクセスしても流出させないこと。

NonCopyは多重の防衛機能で重要ファイルを守ります。NonCopyは多重の防衛機能で重要ファイルを守ります。

NonCopyが安全な理由

1.ファイルアクセスに必要なユーザー操作

重要ファイルへは特定のユーザー操作を行わなければアクセスできないため、攻撃者は容易にアクセスすることはできません。

2.ファイルアクセス時のネットワークを切断

重要ファイルへのアクセス時はネットワークを切断しますので攻撃者による遠隔操作を防止します。

3.コピーガード

重要ファイルのデータはコピー禁止のため、万が一アクセスができたとしても、ファイルの流出の心配はありません。

4.ファイル暗号化

重要ファイルは暗号化されており、NonCopy2がインストールされている端末でないと復号できません。

5.PCの隔離

インシデントが発生した際は、感染端末を隔離する必要があります。NonCopyのポリシーを変更することでネットワーク接続を遮断することができます。

page up